PRODUCTS・SUPPORT

製品紹介・サポート

臨床検査情報システム(LIS)

病理検査システム

病理部門の多忙な日々の業務をサポートします。
診断・画像情報は、病院情報システム端末などの
Webブラウザーで確認することが可能です。

病理検査業務支援のための診断・画像情報の一元管理

標本情報の入力(受付・切出し・診断)、画像情報の登録(依頼書画像・マクロデジタルカメラ画像・ミクロデジタルカメラ画像)、診断報告書作成など、病理部門の現場で発生する情報の一元管理をトータルにサポートします。

病理検査業務支援のための診断・画像情報の一元管理

特長

  • 標本情報、画像情報などは、ラベル発行・検索・台帳・統計などの機能によって有効利用することができます。
  • 病院情報システム(電子カルテ・オーダリングシステム)や、他部門のシステムと接続することが可能です。
  • Webブラウザー上で動作するため、初期導入コストや端末の増加に伴う拡張コストを抑えることが可能です。
  • CLINILAN GL-3(検体検査)を導入している場合、サーバーを共有することが可能です。

メニュー

ログイン後、各メニュー項目と追加検査情報(組織診、細胞診)、進捗情報(組織診、細胞診)が表示されます。

ホーム画面

ホーム画面

組織診受付

病理オーダリングシステムで発行されたバーコードを使用することで、オーダー内容が表示されます。内容を確認し登録すると、自動で標本番号が発行されます。

組織診受付画面

組織診受付画面

画像編集

液晶ペンタブレットに対応。操作性に優れ、機能も充実しています。取り込み画像と編集画像を別々に保存し、一度編集した画像の再編集も可能です。

画像編集画面

画像編集画面

組織診診断

オペレーターごとに診断名、所見の登録が可能で、癌取扱規約や英文スペルのチェック機能も搭載しています。

組織診診断画面

組織診診断画面

診断結果Web参照機能

組織診、細胞診、剖検*1の診断結果・画像(依頼書、マクロ・ミクロ)は、医局、外来、病棟などにある病院情報システム端末のWebブラウザーで確認できます。診断結果の「未読・既読」機能*2に対応します。

*1 剖検の結果参照は、剖検オーダー連携が必要です。

*2 オプション