PRODUCTS・SUPPORT

製品紹介・サポート

検体検査装置

グルコース分析装置

グルコローダーで培った技術を結集し、さらに最新技術を駆使した信頼性・完成度の高い装置を提供します。
ご施設の運用やニーズに合わせて、3タイプからお選びいただけます。

全自動糖分析装置 GA09II / GA08III

GA09Ⅱ

GA09II
TATの短縮
  • 遠心分離が不要な全血測定が可能
  • ファーストレポート2.5分以内*1
  • 検体マップによる検体検索機能
検査の品質保証
  • メンテナンスのアシスタント機能
やさしい操作性
  • 採血管バーコード回転読み取り機構
  • キャリブレーションタイマー機能
検体マップによる検体検索機能
バーコード読込不良などの「正常・警告・エラー」を色別で表示。
検体異常の確認が容易に行え、再検など必要な対応を迅速に行えます。
メンテナンスのアシスタント機能
メンテナンスの作業日になると、画面上のアイコンが点滅し、作業忘れを防止。
操作手順はアニメーションで解説するので、誰でも簡単に行えます。
さらに、作業ログは自動で保存され、検査の品質管理をサポートします。
キャリブレーションタイマー機能
運用に合わせて、自動でキャリブレーションを実施。
始業前の作業を効率よく行えます。
拡張機能
グリコヘモグロビン分析装置(HPLC法)とのラック搬送接続が可能*2

*1 ラックをセットしてから、ハーフキャリブレーションと全血検体の測定を終了するまでの時間です。

*2 接続可能な装置には制限があります。詳細は当社担当営業にお問い合わせください。

GA08Ⅲ

GA08III

  • 検体必要量はわずか70μL(サンプルカップの場合)
  • 血清・血漿・尿検体を160検体/時で高速処理
  • ノーマルレンジモードでのCV0.8%以下を実現
  • 採血管は向きを気にすることなくラックにセットでき、煩わしい作業を軽減
  • グリコヘモグロビン分析装置(HPLC法)とのラック搬送接続が可能*

*接続可能な装置には制限があります。詳細は当社担当営業にお問い合わせください。

仕様

GA09Ⅱ GA08Ⅲ
測定項目 グルコース
測定原理 GOD固定化酵素酸素電極
測定検体 血清、血漿、尿、全血(静脈血) 血清、血漿、尿
処理能力 160検体/時(全血120検体/時) 160検体/時
検体架設数 最大200検体
寸法 550(W)×601(D)×483(H)mm
重量 55kg 51kg±1kg
届出番号 14B3X000010000KN 14B3X000010000GJ

全自動糖分析装置 GA06

特長

  • コンパクトなボディー
  • 検体必要量はわずか50μL(サンプルカップの場合)
  • 血清・血漿・尿検体を160検体/時で高速処理
  • ノーマルレンジモードでのCV0.8%以下を実現
GA06

仕様

測定項目 グルコース
測定原理 GOD固定化酵素酸素電極
測定検体 血清、血漿、尿
処理能力 160検体/時
検体架設数 最大10検体
寸法 384(W)×485(D)×412(H)mm
重量 31kg±1kg
届出番号 14B3X000010000HV