SOLUTION

検査室支援情報

検査の樹 -復習から明日の芽を-菅原 和行(菅原バイオテク教育研究所)

検査の樹 臨床検査に携わっている方々のために、広範にわたる検査の知識をご提供します。

臨床検査に携わっている方々のために、広範にわたる検査の知識をご提供します。

今後も随時追加していく予定です。

目次

 

内容は執筆当時の情報であり、リンク切れなどがございますのでご容赦ください。

著者略歴

菅原 和行
株式会社菅原バイオテク教育研究所 代表取締役
(2015年5月現在)

1970年 長崎大学医学部付属病院 検査部 勤務
(臨床化学、微生物、肺機能、遺伝子検査室創設を担当)
2000年 長崎大学医学部付属病院 検査部 副技師長
2001年 長崎大学大学院 医学研究科 博士課程 入学
2005年 長崎大学大学院 医学研究科 博士課程 修了
2008年 長崎大学医学部附属病院 検査部 退職
菅原バイオテク教育研究所 開設
2010年 株式会社菅原バイオテク教育研究所 設立(現在に至る)

検査業務および研究上の主な業績例

  • PAGE法によるHDL分画法
  • ロケット免疫電気泳動法によるApolipoprotein A-1定量法
  • 酵素法による血中シアル酸定量法
  • 酵素を用いた喀痰均質化法
  • スパイラルプレーターによる臨床検体定量培養法
  • 同一平面多分画培地の開発
  • ペーパーディスクによる選択ゾーン培養法
  • MRSA監視培養検査法の体系化
  • 化学発光法を用いたHTLV-1 provirus Southern-blot法
  • リアルタイムPCRを用いたHTLV-1定量法
  • 悪性リンパ腫検査法の体系化
  • 高感度k-ras点変異検出法
  • p14、p16遺伝子のメチル化および遺伝子欠損検出法
  • Plasma DNAの固形がん診断への応用
  • RT-PCRを用いたp53変異検出法
  • HRM分析によるgene変異解析の応用
  • マルチプレックスPCRの感染症検査への応用など

原著論文、総説、技術解説、学会発表など多数