SOLUTION

検査室支援情報

たとえば・・・Solution!

検査室総合マネジメントのすすめ

日々の検査業務で抱えるいろいろなお悩み。
A&TがそのSolution(解決策)をご提案します。

Vol.13 検査プロセス編
[検体検査システム CLINILAN GL-3]

Q. 「検査プロセスの異常を見落とさず、迅速に対応したいのですが・・・。」

Vol.12 業務改善編
[検体検査自動化システム CLINILOG STraS]

Q. 「手作業による検査のばらつきをなくすために検査業務を自動化したいのですが、大規模なシステムは導入できません。何か良い方法はありますか?」

Vol.11 ヘパリンモニター編
[血液凝固分析装置 CG02N]

Q. 「血液透析などの体外循環で使うヘパリンなどの抗凝固剤の使用を適切に管理したいのですが、良い方法はありますか?」

Vol.10 緊急検査編
[血液凝固分析装置 CG02N]

Q. 「夜間の凝固検査で、誰が担当しても早く正確に測定できるようにしたいのですが・・・。」

Vol.9 ユーザビリティ編
[全自動糖分析装置 GA09]

Q. 「最近、血糖検査が増え、夜間も依頼が多く、万一、装置に不具合が発生したらと思うと不安になります。」

Vol.8 微量測定編
[全自動糖分析装置 GA09]

Q. 「小児や採血困難な患者様は採血量が極めてわずかな場合があります。そのような場合でも、精度の高い検査を行いたいのですが?」

Vol.7 患者サービス編
[分析前工程モジュール MPAM]

Q. 「患者サービスの向上に取り組みたいのですが、どんな方法がありますか?」

Vol.6 精度管理編
[分析前工程モジュール MPAM]

Q. 「精度管理の品質を上げるためにコントロールをランダムに測定したいのですが、どうしたら良いですか?」

Vol.5 省力化編
[分析前工程モジュール MPAM]

Q. 「検体前処理に人手が取られます。他の業務にも余裕がありません。」

Vol.4 リスク管理編
[検体検査システム CLINILAN GL-2]

Q. 「システムの操作中に席を離れることがたびたびあります。よく考えると、画面には患者氏名とデータが表示されていて、誰かに見られていないか心配です。でも、作業のたびにログインするのはパスワード入力が面倒で…。」

Vol.3 進捗管理編
[検体検査システム CLINILAN GL-2]

Q. 「検査全体の進捗と結果を効率よく確認したいのですが?」

Vol.2 データ検証編
[データ検証システム CLINIEEL Zone-2]

Q. 「宿直当直です。すぐに報告が必要なのですが、判断に迷う検査結果があります。」

Vol.1 時間マネジメント編
[検体検査システム CLINILAN GL-2]

Q. 「検査所要時間(TAT)をなかなか改善できません。どこに問題があるのでしょうか?」