• 展示会・学会情報
  • 検査室見学ツアー
  • LIS・LAS情報ファイル
  • 検査室総合マネジメントのすすめ
  • たとえば・・・Solution!
    • 13. 検査プロセスマネジメント編
    • 12. 業務改善編
    • 11. ヘパリンモニター編
    • 10. 緊急検査編
    • 9. ユーザビリティ編
    • 8. 微量測定編
    • 7. 患者サービス編
    • 6. 精度管理編
    • 5. 省力化編
    • 4. リスク管理編
    • 3. 進捗管理編
    • 2. データ検証編
    • 1. 時間マネジメント編
  • 検査の樹
  • テクニカルプレゼンテーション・ライブラリ
  • 出現実績ゾーン法
  • 精度管理の考え方
  • イオン選択電極法 -論文集-
  • アーカイブ

たとえば・・・Solution!

Vol.12 業務改善編

Q

「手作業による検査のばらつきをなくすために検査業務を自動化したいのですが、大規模なシステムは導入できません。何か良い方法はありますか?」

A

検査業務の最適化を実現する

検体検査自動化システム

CLINILOG STraS

CLINILOG STraSは、検体ラックをMPAM+(前処理モジュール)※1にセットするだけの簡単操作で、到着確認から分析までを完全自動化します。わかりやすさ・シンプルさを追求したシステムが、運用の省力化、検査所要時間(TAT)の短縮を可能にします。

※1 オプションのiCM(遠心モジュール)を接続した場合は、iCMが投入口になります。

検査技師のイラスト

シンプルなシステムで検査前工程を自動化、ワンストップオペレーションを実現します!

解説

CLINILOG STraSは、MPAM+とコンパクトな搬送ライン、最大4台の分析装置から構成されるシンプルな搬送システムです。検体ラックを前処理モジュールMPAM+※1にセットするだけで、到着確認から開栓、分注、仕分、搬送、分析までを完全自動化します。手作業でばらつきが発生してしまう検査業務の各ステップをCLINILOG STraSに集約、ワンストップオペレーションを実現します。

検体検査自動化システム CLINILOG STraS 
CLINILOG STraSによるワンストップオペレーション
※2 遠心モジュールiCMを導入した場合