• 臨床検査情報システム
  • 検体検査自動化システム
    • CLINILOG V4
    • CLINILOG STraS
    • 分析前工程モジュール
  • 検体検査装置
  • 臨床検査試薬
  • 標準化への取り組み
  • 保有技術紹介
  • 文献紹介

特長

STraS 特長

シームレスかつシンプルに構築

MPAM+と搬送ライン、最大4台の分析装置から構成されるシステムです。
搬送ラインは幅16cmとコンパクトなラインを採用し、従来の搬送設置面積の1/2を実現しました。

動作状況をLEDの色でお知らせ

モジュールの動作状況を、LEDの色とMPAM+のモニター画面でオペレーターへお知らせします。
スマートラインの透明なアクリルカバーをLEDで照らし、通常時は青く、異常時は赤や黄で点滅など、動作状況を発光色で判別できます。

構成例

プラン1

構築例1

複数台接続により処理能力を向上。
装置停止時もシステム設定を変更せずに
運用が可能です。


プラン2

構築例2

仕分モジュールiMSを組み合わせたシステム構成。
前処理済みの親検体や、次工程別に分注された子検体の仕分け作業を大幅に効率化します。

構成モジュール

基本モジュール

投入・開栓・分注・仕分 [MPAM+]

投入・開栓・分注・仕分 [MPAM+]

遠心済みの検体を投入して、開栓、子検体容器のラベル印字、分注、仕分けを行います。


スマートライン

スマートライン

5本ラックを最大200mm/秒のスピードで搬送します。


ターンテーブル

ターンテーブル

5本ラックを行き先の装置へ向けて方向転換します。



ラックバッファー

ラックバッファー

5本ラックを最大8ラック格納、待機・再検待ち、優先順位に従って搬出します。

分析装置

全自動電解質分析装置 [EA09]+EA09接続モジュール [EAC]

全自動電解質分析装置 [EA09]+EA09接続モジュール [EAC]

生化学分析装置の能力を発揮させるために電解質を先に測定します。

全自動電解質分析装置 EA09 届出番号: 14B3X000010000JY

拡張モジュール

遠心 [iCM]

遠心 [iCM]

投入された検体を300検体/時の高速で遠心し、MPAM+へ搬出します。

遠心機 iCM-HT 届出番号: 14B3X000010000GB


仕分 [iMS]

仕分 [iMS]

親検体の回収と、オフライン装置ごとに子検体を仕分け、最大400検体を格納します。

この製品の関連情報はこちら

  • 構築実例はこちらから

    実際に病院で稼働しているCLINILOGの構築図をご紹介します。

  • 納入実績はこちらから

    CLINILOGが稼働している全国の施設数をご紹介します。

この製品についてのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせは 支社一覧・電話番号 (受付時間:平日9:00~17:35)

インターネットでのお問い合わせは お問い合わせフォーム

A&Tの企業情報はこちらから 企業情報ページヘ

キーワードで探す

  • 検査室支援情報

    検査室支援情報

    検査室の運営をサポートする様々な情報をご紹介します。

  • たとえば・・・Solution!

    たとえば・・・Solution!

    検査業務で抱えるお悩み。
    その解決策をご提案します。

  • 検査の樹 -復習から明日の芽を-

    検査の樹 -復習から明日の芽を-

    臨床検査に携わる方のために広範な知識をご提供します。