• 臨床検査情報システム
  • 検体検査自動化システム
  • 検体検査装置
    • グルコース分析装置
    • 電解質分析装置
    • 血液凝固分析装置
  • 臨床検査試薬
  • 標準化への取り組み
  • 保有技術紹介
  • 文献紹介

全自動電解質分析装置 EA09

特長

キャリブレーションは1日1回
操作画面にタッチパネルを採用し、簡単操作を実現
設計を見直し、煩雑なメンテナンス項目を削減
150検体/時(血清)で高速に処理
電解質測定の高い信頼性と精度、高品質を追求
間接法を採用することで、調製済み透析液にも高い信頼性を確保
検体検査自動化システムCLINILOG STraSに接続可能
EA09

仕様

測定項目 Na, K, Cl(3項目同時測定)
測定原理 イオン選択性電極(間接法)
測定検体 血清、血漿、尿、透析液
検体注入量 22µL
処理能力 150検体/時(血清)、110検体/時(尿)
寸法 / 重量 207(W)×544(D)×413.5(H)mm / 24.5kg
(デガッサーユニット装着時)
届出番号 14B3X000010000JY

全自動電解質分析装置 EA08M

特長

イオン選択性電極法(Na,K,Cl)
200検体/時で高速に処理
微量サンプル
CLINILOGをはじめとする各社搬送システムに接続可能
EA08M

仕様

測定項目 Na, K, Cl(3項目同時測定)
測定原理 イオン選択性電極(フロー方式希釈測定法)
測定検体 血清、血漿、尿
サンプル量 27μL
処理能力 200検体/時(血清)、150検体/時(尿)
寸法 450(W)×630(D)×1,255(H)mm
重量 約55kg
届出番号 14B3X000010000FC

この製品の関連情報はこちら

  • イオン選択電極法-論文集-

    イオン選択電極法をやさしく解説した入門書や論文をご紹介します。

  • 文献紹介

    この製品に関連する文献をご紹介します。

この製品についてのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせは 支社一覧・電話番号 (受付時間:平日9:00~17:35)

インターネットでのお問い合わせは お問い合わせフォーム

A&Tの企業情報はこちらから 企業情報ページヘ

キーワードで探す

  • 検査室支援情報

    検査室支援情報

    検査室の運営をサポートする様々な情報をご紹介します。

  • たとえば・・・Solution!

    たとえば・・・Solution!

    検査業務で抱えるお悩み。
    その解決策をご提案します。

  • 検査の樹 -復習から明日の芽を-

    検査の樹 -復習から明日の芽を-

    臨床検査に携わる方のために広範な知識をご提供します。