• 臨床検査情報システム
  • 検体検査自動化システム
  • 検体検査装置
    • グルコース分析装置
    • 電解質分析装置
    • 血液凝固分析装置
  • 臨床検査試薬
  • 標準化への取り組み
  • 保有技術紹介
  • 文献紹介

血液凝固分析装置 CG02N

特長

世界で唯一のドライ試薬カードを用いたドライヘマトロジーによる血液凝固分析装置。当社従来品の2/3サイズになったうえ、操作性が大きく向上しました。

タッチパネル式カラー液晶ディスプレイを採用し、操作が簡単です。
PT-INRが約2分と迅速に測定できます。

CG02N

簡単操作 / 無駄が出ない試薬 / コンパクト / メンテナンスフリー

操作手順

操作手順 1.ロットカード情報読込 2.試薬カード情報読込 3.試薬カード挿入 4.検体適下

仕様

測定項目 PT, APTT, Fib, TB, HPT
測定原理 粘稠&散乱光法 ドライ試薬カード方式
測定検体 血漿、全血
サンプル量 25μL
操作 / 表示 タッチパネル / カラー液晶ディスプレイ
バーコードリーダー 内蔵
寸法 146(W)×265(D)×117(H)mm
重量 2.8kg
届出番号 14B3X000010000FS

この製品の関連情報はこちら

  • 文献紹介

    この製品に関連する文献をご紹介します。

この製品についてのお問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせは 支社一覧・電話番号 (受付時間:平日9:00~17:35)

インターネットでのお問い合わせは お問い合わせフォーム

A&Tの企業情報はこちらから 企業情報ページヘ

キーワードで探す

  • 検査室支援情報

    検査室支援情報

    検査室の運営をサポートする様々な情報をご紹介します。

  • たとえば・・・Solution!

    たとえば・・・Solution!

    検査業務で抱えるお悩み。
    その解決策をご提案します。

  • 検査の樹 -復習から明日の芽を-

    検査の樹 -復習から明日の芽を-

    臨床検査に携わる方のために広範な知識をご提供します。