• 展示会・学会情報
  • 検査室見学ツアー
  • LIS・LAS情報ファイル
  • 検査室総合マネジメントのすすめ
    • 経営的マネジメント
    • コスト指数
    • 機能面評価
    • プロセスデザイナー
    • リスク管理から品質保証へ
    • 人的リソースの評価と育成
    • 危機管理マニュアル
  • たとえば・・・Solution!
  • 検査の樹
  • テクニカルプレゼンテーション・ライブラリ
  • 出現実績ゾーン法
  • 精度管理の考え方
  • イオン選択電極法 -論文集-
  • アーカイブ

検査室総合マネジメントのすすめ

代表20項目平均コスト指数

協力6施設での算出具体例と内容解析

(3) 血算のコスト

血算のコストでは、分析機、システム、試薬費については、各施設ともあまり違いはありません。人件費の高低が、そのままトータルコストの違いとなって表れているようです。B病院、D病院の人件費が低いのは、1つは徹底した自動化によるものと思われますが、くわえて、可能な限り顕微鏡作業を減らし血液学検査グループの員数を削減している結果も反映されていると思われます。

血算

血算 A公立病院
(1,000床クラス)
B私立病院
(1,000床クラス)
C公立病院
(500床クラス)
D公立病院
(500床クラス)
E公立病院
(300床クラス)
F私立病院
(300床以下)
年間依頼数
(件)
120,726 125,189 69,540 76,512 54,345 19,484
血算総コスト
(円/テスト)
259.2 143.8 344.6 190.7 309.8 541.6
人件費
(円/テスト)
157.4 38.1 225.5 59.8 198.1 399.7
試薬・消耗品
(円/テスト)
56.2 47.0 58.0 75.6 60.7 65.1
システム
(円/テスト)
4.8 4.8 6.1 9.1 6.0 12.7
分析機
(円/テスト)
40.8 53.9 55.0 46.2 45.1 64.1